0〜1歳までの子育て・育児

6〜7ヶ月の赤ちゃんの気をつけること

気をつけること

 

誤飲に注意

 

赤ちゃんは口で物を判断しますので、何でもまず口に入れて確かめます。
ですので、飲み込んでしまいそうな小さな乾電池や部品なんかは、
赤ちゃんが絶対に手に届かないようなところに置くようにしましょう!

 

ティッシュやメモ用紙なんかの紙もけっこう危険で、
口の中で大きな塊になって赤ちゃんの喉をつめますので、
赤ちゃんの手の届くところには置かないようにします。

 

家の子も少し目を放した隙に小説の表紙を食べていて、
喉をつまらせかなり焦った経験がありますので、
赤ちゃんの死因NO.1の誤飲だけには、充分注意しましょう!

 

家具の角に気をつけよう!

この時期になると、早い子はハイハイやつかまり立ちをするようになります。
そこで危険になってくるのが、家具などのです。

 

まだまだ赤ちゃんは不安定ですので、こけたりすべったりを繰り返しますので、
角などの危険なところは、クッションを付けてあげるようにしましょう!
赤ちゃんショップなどで購入できます。

 

感染症や風邪に注意しましょう!

 

生後6ヶ月頃からママの免疫が少なくなっていき、
赤ちゃん自身の免疫でウイルスや細菌から身を守るようになってきます。

 

そのため感染症や風邪にかかりやすくなりますので、
特に季節の変わり目には注意しながら、赤ちゃんの健康を気遣ってあげましょう!

 

もし食欲や元気がないようで、熱が37.5度以上あるようなら、
病院に連れて行くことも視野に入れながら、注意深く様子を見てあげましょう!

 

ページの一番上へ>              次のページ→この時期の赤ちゃん(7〜8ヶ月)

サイトのTOPページへ

管理人運営サイト一覧

妊娠出産!はじめての妊婦ガイド

はじめて妊娠と出産をする妊婦さんのために、妊娠中に気をつけることや出産について、わかりやすく解説しています!

マタニティヨガをはじめよう!

妊婦さんのためのマタニティヨガのやり方を、写真でわかりやすく解説しています!

0〜1歳までの子育て・育児

0〜1歳までの子育て・育児

0〜1歳までの赤ちゃんの子育て・育児について、経験談を元にわかりやすくご紹介!